その他ご案内

2017年9月27日 (水)

「about_traffic_regulationfor_room_402403508.pdf」をダウンロード

| コメント (0)

2017年8月13日 (日)

be京都町家シェアアトリエ「HA・NA・RE」近日募集開始予定!

be京都の離れが新しくうまれかわります!
シェアアトリエとしてご活用いただけるよう準備を進めております。

2017年9月予定。

◎◎◎
be
京都は築200年の京町家を改装したアートギャラリー&レンタルスペースです。

この度、アーティストの皆様のよりよい制作環境をつくることができればと思い、be京都の「はなれ」をシェアアトリエとしてOPENさせる運びとなりました。

アカデミックな環境、町中の好立地、格安でコストパフォーマンスの高い条件となっております。是非お気軽にお問い合わせください。

 

・定員 5

・スペース 約40平米(8畳2間相当+縁側)

 

■こんな方にオススメ

・京都にアトリエがほしかった!

・家だとスペースがない!

・汚れると家族からの声がある・・・

・小さな子供がいて細かい作業ができない

などなど。

管理人はbe京都です。

設備 
 空調あり。備品貸出あり。調理器具あり。台所、トイレ、専用たな、音楽。フローリング。

・条件 職業のある方に限る(学生可)

 

場所〒602-0064 京都市上京区新町通上立売上ル安楽小路町429-1

        上立売・新町1本西入上る

連絡先 be京都 TEL 075-417-1315 mail info★be-kyoto.jp

URL http://www.be-kyoto.jp

を予定。
お庭を見ながら、静かな落ち着いた空間で制作できます。
個室ではなく大学の共同作業スペースのようなイメージです。
ご興味のある方、内覧受付も始めようと思っておりますのでお気軽にご相談ください。
be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

2017年7月20日 (木)

be京都の井戸復活!井戸水のある暮らし

Img_5462

あれから数日たちました。

井戸、復活しました!!!

P1100205 大安吉日!雨が降る中、蒸し暑い中、始まりました。
Dscf0410
P1100212 打合せするメンバーと井戸に入るメンバー。
P1100206 原始的に「ろうそく」で酸素があるかチェック!
P1100208
お庭の苔を守るため、ミツマタを建てずまずは中に。
P1100211
P1100230「どんな感じですか~」
上京区から京都市のまちづくりアドバイザー松井さんも見学にきてくださいました。
上京は滋野井さんの井桁がみつかったことや、空前の井戸ブーム!(!?)
P1100234
P1100252
とても重い装置を軸に職人さんがおりていきます。
P1100253 たまっていた水を排水します。
P1100255
さわったよ~つめたいっ!
井戸水の記念日なので保育園を休ませました・・・。
P1100258 深さはやはり7メートルほど。
P1100261 いよいよ職人さんが入ります。
P1100264
P1100270
雨なのでくれぐれもすべらないように・・・
P1100276
人を支えるのですからとにかく重いのです。結局みつまたをたてて作業することに。
椿が守ってくれます。
P1100280 中をチェックするとやはり崩れ落ちてきている箇所があるとのこと。
養生するために丸い筒状のものを投入!
Dscf0417
Dscf0418
Dscf0427_2
P1100283
どんどん下へ…。
P1100291 周りを砂利で固めます。
P1100293 バランスが難しい!
P1100303 大変どす~。ちょっと一服。
P1100305 周りは応援するしかありません><
P1100306
なんだかキレイ!
バラスで埋めています。
P1100292
P1100300 井戸水をくみ上げた際に出す位置に穴をあけます。
大変な作業です。新設ポンプ据え付け中。
Dscf0457
Dscf0462
Dscf0465
Dscf0469
配管はこんな感じ。
ちょっと味気ないですが蹲用用と散水用に二口にしました。
20140085_1092212430911685_806691747早速水遊び~
19642682_1092212434245018_371205255
本当に冷たいんですね!
1分間に約140リットルの水が。こんこんと涌くとはこういうことか、と思うほど水があります。
さすが京都。しかも今出川。
今は水がきれいな状態ですが、半年後くらいに水質を検査し、飲料にできるかも調査したいと考えています。
be京都はアーティストや文化芸術の方が訪れる場。
早速、七夕の梶の葉流しで井戸水を使うことに。
井戸水でいけるとお花が長持ちするんです!
P1100324
P1100326
P1100327
色んな夢が広がります。
京都タワーの展望室で似顔絵を描かれている(be京都でも個展をしてくださった)吉川先生も井戸水をペットボトルにつめてその水で絵を描いてくださるのです!
9月の3週目に発表予定!
スイカひやしたい~とかロック氷できたらいいね~とか。
とにかく井戸への期待が。
災害に備えても使えるように、今はポンプなのでやはり電気がとまると使えないのですが
くめば使えるのです。
そんな可能性を秘めた井戸。
近所のゆば長さんのゆばも井戸水。
めっちゃおいしくてかなりの頻度で通っています^^
8月には上京区の水を知るため、水といえばこの方!という素敵なゲストに御協力いただき、まちあるきを企画しました。
カミングの取材が中心ですがご興味のある方、一緒にまわりましょう。
be京都 http:www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

上京区で講師させていただきます!

区民新聞にでかでかと笑う私の姿が!
上京区のまちづくり活動パワーアップ講座の講師をまちア

ド松井さんとさせていただきます!
7月28日(金)18:30から上京区役所で開催されま

す。
まだ空きがあるみたいなのでぜひお越しくださいます!お

子様の同伴も可です。
しかも無料。
充実した内容にしたいと思っています。
お申し込みは区役所まで。
075-441-5029


20155881_1095107370622191_311879612

| コメント (0)

2017年5月22日 (月)

タイルを表現した作品がユニーク!次回be京都展示は5/27~6/1

Photo次回展示は、5/27(土)~6/1(木)「こだんみほ個展 懐古小路」。

ポストカードコレクション受賞作家による初個展です。
いつかは消えゆくものや風景を描き留めているというこだんさん。京都に息づくモザイクタイルの作品に注目です。タイルひとつひとつにコーティングをほどこし、立体感を出されています。
作品はこちらをご参照ください→https://www.kaikokouji.com/blank

★ポスコレ&涼小物展 アーティスト募集中!(締切まじか)http://posukore.com/

be京都 http://www.be-kyoto.jp

Img_5462

井戸の蓋を久しぶりにあけました!

生きていましたよ~><!

Img_5467

せっかくの井戸を活用したいと思い、ようやく今日検査してもらいました。
水深はおそらく7メートル強。Img_5468

せっかくの井戸を活用したいと思い、ようやく今日検査してもらいました。

今出川の水はやはり良いらしい。お茶の町、御所近く。さすがです。
当然、掃除やお清めや、諸々必要ですが色々可能性が広がります!進捗が解り次第色々情報発信していきますね!

be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

2017年5月20日 (土)

近況報告 京都ちーびず 5月号発行!

P1090864_25月8日から京都市ではこれまでの福祉事務所と保健センターが統合再編され新たに「保健福祉センター」が設置されました。
それに伴い上京子ども支援センターは
「上京区役所 保健福祉センター 子どもはぐくみ室」となりました。というわけで行ってきました^^
来月の「GoGo土曜塾」にちらっと登場するかもです^^

P1090922_2
暖簾を夏仕様にしました。
P1090921_2
P1090923_2
be京都岡元が京都府のちーびず(地域力ビジネス)推進員をつとめる、普段使いの京都ちーびずカタログ5月号が発行されました。
テーマは「お茶の京都」。
なんと、超かんたんレシピということで、決して得意ではない(でも好き)、レシピを紹介させていただいております。ダメだししてやろう、という方、be京都にてサイン入りで手渡しさせていただきますよ~♪(笑)
本来の目的は、ちーびず製品の調味料の使い方がわかりにくいよねーの声から生まれた活用方法。ご参照いただければ嬉しいです。
ちーびず推進員活動ブログ https://goo.gl/VOxGwP
be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

京都ちーびず 生産者×アーティスト トークイベント開催 「黒谷和紙と綾部をしろう!」

11月3日(木・祝)、黒谷和紙を巡るちーびずリレーマルシェをギャラリーbe京都で開催致しました。

当初、単純に黒谷和紙さんのお話&販売会をと思っていました。
ですが、ちーびずと黒谷和紙のことを、もっと効果的に伝えることができる方法はないかと考え、
生産者側と和紙を表現活動に取り入れるアーティストが魅力を語りあう、パネルディスカッション風にすることにしました。

アーティスト代表は女性書道家の高岡亜衣先生。
実際に上賀茂神社でのアートプロジェクトで黒谷和紙に灯り作品や題字もかかれていたことを存じ上げており、
私が信頼のおけるアーティストの一人だったからです。

司会としてうまく引き出せるか緊張しつつも、結果として成功かつ新たなちーびずのステップを踏み出せたのではと小さな達成感があります。

トークイベント形式のリレーマルシェ

p1080366
(写真向かって右から 黒谷和紙協同組合理事長 林伸次様、岡田大希様、書道家高岡亜衣先生、ちーびず推進員岡元)

トークの構成は、

・ちーびずとは

・和紙ができるまで
 p1080372(映像を見ながら解説→現地の雰囲気や人のつながりを感じてよかった!)

・強さの秘訣
 p1080378(みんなで強度テスト→実際に試せてわかりやすかった!)

・手漉きにこだわる訳
 p1080381(手漉きでなければここにいないという林さんと岡田さんの思いに感動)

・実際使ってみて-アーティストの目線
 p1080420(使用感、海外からの視点→生の声がきけてよかった!)

・新しい挑戦-写真プリント紙としての開発
 p1080362(写真テスト確認・説明→興味津々!みんな共に開発に携わっている喜びで会場がひとつに)

・地域協力・綾部の魅力
 img_0819(黒谷和紙とともに育つ子供たち。岡田さんが生まれ育った綾部を語り参加者も応援したい気持ちになる)

・まとめ
 (正直、価格はやや高いが地域の協力とともにブランド力の高め黒谷和紙をみんなで応援しよう!)

・ちーたび紹介
 %e5%92%8c%e7%b4%99%e3%82%92%e6%89%8b%e6%bc%89%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86(ちょうど12月ちーたびがある!綾部にいってみたくなる)

 参加者の意見も取り入れながらと…いった感じで進めました。
以下ポイントを紹介していきます。

皮は紙に、木はインク。葉はお茶に。

p1080399

一見黒谷和紙で作ったカレンダー。ですが、実は地域で育てた楮の皮は和紙に、木の部分はインクに利用したカレンダーなのです。

p1080417

楮の葉は枯れてしまうため、パウチ加工して展示しました。
この葉はお茶に加工しているそうです。

楮を育てることで仕事を生み、雇用を生み出し、地域力が高まります。
私がずっと感じていたちーびずの壮大さ。
すでにスタートしていたのかもしれませんが、私の中で今回のリレーマルシェを通じて、黒谷和紙さんとのちーびず第一歩を踏み出せた気がします。

実験「強い紙を試す」

p1080378黒谷和紙と普通の用紙(カレンダー)をお配りし、実験。

p1080379ひっぱってみたり、破いてみたり。

p1080380左が黒谷和紙。右がカレンダー用紙。

切れ目がもそもそしているのは手漉き和紙の特徴で、コウゾの長い繊維です。
実際に手にとり実験してみると、よく分かります。

「コウゾはどれくらい大きくなるの?」と参加者から質問が。
今年は少し不作だったそうですが、大きくなると3メートルくらいの背の高さになるそうです。
アジサイのように株の枝を切って、そこからまた新しく伸びてくるそうです。

Photo Paperを開発する

p1080391

和紙に写真をプリントする…。簡単そうで実はすごく調節が必要です。
和紙は表面が繊維でケパケパしているので、給紙がうまく行きにくくプリンターにとってはやや辛いのが実情。

既存の黒谷和紙でプリントした後、開発を進めました。
黒谷和紙協同組合楮の配分を変えながら、生成りっぽいナチュラルカラーと白の2種類。

さらに写真愛好家が使いやすく、手漉き和紙の漉ける範囲での大きさ展開を3種。
何度も何度も椿の葉で表面をこするそうです。

p1080397

カメラ指導やカメラマン育成の他、企業様の販売促進などを手掛けるbe京都オーナー内山から紹介しました。
写真作品にとってふさわしい和紙の仮説を立てながら話を進め、「通常の写真プリントではしないくらいの粒子の粗さがかえって味になる」といった点や、
エンボス加工をする面白さなど和紙ならではの特色を解説しました。

p1080358

ギャラリースペースでは写真作品展が同時開催されており、和紙に行ったプリントは実際にこの日に展示されている作品から選びました。
見比べてみるとそれぞれの良さがよくわかります。
p1080420

書道家の高岡亜衣先生も京丹後宮津のお生まれ。
ふるさと丹後への愛が強く、丹後ちりめんに書道パフォーマンスを行うなど、メディアでも注目を集めている作家さんです。
トークイベント終了後、オール京都産で作品をつくりたいと思っており、すごく新しい作品が書きたくなった、わくわくした、と嬉しいお言葉を頂戴しました。

販売マルシェでは、
p1080384 熱心に紙サンプルをみてご検討いただいたり、

p1080408 実際に手に取って確かめたり。

p1080412 綾部から来てくれた司工業さんが

p1080424 その場でネームタグに名入れしてくれたり!

楽しくていっぱい作りました~◎
p1080365上林地鶏そぼろ丼は美味でした♪
京綾部ホテルさん、ありがとうございました。

p1080421完成した純米綾小町黒谷和紙ラベル付!
地元綾部の酒蔵、若宮酒造さんとのコラボ商品です。

p1080418床の間はランプ・クッション・紙布(しふ)でしつらえ。

p1080415人がつながって、後日、和紙に箔をひいてみることに!

p1080373 若手女性職人がつくるかわいい黒谷和紙商品も。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

というわけで、私も黒谷和紙になりました(笑)。
p1080425 img_9103
普段の私の仕事風景を、以前主人が黒谷和紙に描いてくれたものです。見た目も気持ちも優しくなりますね。

新たな一歩

毎日新聞さん、FMいかるさんが取材に来てくださり、適度な緊張感とほど良いテンポで進めることができました。
春に開催された、応援カフェ「布の文化」をきっかけに、これまで「食」が中心だったちーびずに新たなステップが踏めたのではないかと自負しております。

黒谷和紙は伝統工芸を担う職人さんの平均年齢としてはとても珍しくなんと40代だとか。
若手育成に力を入れて来られた先代がおられるから。
だからこそ、可能性はまだまだあると思います。

12月にはちーたび「レトロな旧校舎で和紙を手漉きしよう!」が開催されます。
是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

%e5%92%8c%e7%b4%99%e3%82%92%e6%89%8b%e6%bc%89%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86

| コメント (0)

2016年9月20日 (火)

5歳になりました♪

Img_4293

出産日ギリギリまで仕事をしていたので、おなかが大きい様子をご存知の方も多く。
さらに、うまれて少し休ませていただきましたが、気付けば和室で寝かしていたり、
抱っこしながら仕事をさせていただいたのでご存知の方が多いわが娘。
5歳になりました~!!!
Img_4309
24日(土)~29(木)は内山の美大仲間と開催する90P展示会があります。
今年は娘も参戦♪
しっかり者のおしゃまさん。
対等にお話してくれます^^かわいくて大好き♪
おかげさまですくすく育っております。
感謝♪

| コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

おはなし倶楽部KIDS-音読の大切さ・プロのナレーターに学ぶ in be京都

「伸びる力をたくわえる!おはなし倶楽部KIDS」を企画いたしました。
これは、こどもゆめ基金という補助をいただいて開催に至っているのですが
とってもオススメの講座です。

自己紹介ができますか?
どうやって自分のことを伝えよう。
そんな考える力を養いながら、読書を通じて伸びる力をつけてもらえたらと思っています。
Kids
4回開催しますが、単発での参加もOK。
お子様だけでも大丈夫です。
私は教育者ではありませんが、甥っ子の本嫌いをなんとか克服してもらえたら!と思って考えたらこんな講座が生まれました。
ようやく漫画は読むようになった中1男子。(苦笑)
マンガでも文字をまったく読まないより全然OKと思っています。
むしろ、この講座でマンガを持ってきてもらって、どうしてそれが良いのかをみんなにわかりやすく説明できる力があるほうがすごいと思う!
声に出して読むことで読書がもっと好きになったり、苦手意識がある子どもにも楽しんでもらえたら・・・そんな思いのもと、講師の梅村先生に協力いただくことができました。
どうもモノづくり以外のこどもさんの参加率が悪く、きっと習い事で週末は忙しいんだろうな…、と懸念しております。
でもつづけますよ~◎

私がこれをやりたいと思って、好きだから♪
ただ、無料参加でこんなチャンスをつくれるのはそうそう無いので、是非これは!と思った方は足を運んでいただければ嬉しいです。
朗読レベル確認のため、事前に学年、もしくは年齢を教えていただけたら準備が助かります。
お待ちしております。
・・・
声優さんやアナウンサー、ナレーターさんにあこがれる小学生のお友達にオススメです♪
「おはなし倶楽部Kids」では プロのナレーターと読むことで、声に出して読む楽しさを知ります。 さらに、おすすめ本を紹介しあってみましょう。 言葉で伝える、表現することを講師がサポートしながら進めます。

参加費 無料
定員 10名程度
対象 小学生以上(保護者同伴可)
講師 梅村みずほ(ナレーター)
内容 ① プロのナレーターによるミニ朗読ライブ
② 声を出すウォーミングアップ
③ 本の世界を伝えるには
④ おすすめ本を紹介してみよう

予約優先(開催の2日前までにお申込みください。当日空きがあれば参加可)
infoあっとまーくbe-kyoto.jp までお申込みを。

| コメント (0)

2016年7月26日 (火)

京都府さんのちーびず推進員をさせていただいております・・・

今年度は、京都府さんのちーびず推進員というのをさせていただいております。
ちーびずとは地域力ビジネスの略称で、地域の課題をビジネス的手法で解決しましょう、という取組です。


先日活動ブログが公開されました。
私も書いております。
ご一読いただけたら嬉しいです 推進員ブログ 岡元記事はこちら
P1070554300x225
ぴちぴち握り寿司を体験しました♪
ちーびず関連で、8月には北区のビーンズグッディさんでピザ作りが開催されます。
私は残念ながらいけないのですが、お近くの方、ご興味のある方は是非!
Photo
Photo_2

8/21(日)12時~14時30分
京都ちーびずリレーマルシェ
「南丹市世木地域の黒豆の枝豆と
 新鮮野菜のピザ作り体験」

が北区のビーンズグッディさんで開催されます。(わら天神さんの近くです)
日本一うまいと言われる黒豆の枝豆を使ってのピザですよ~◎しかも味は3種類!
大人1500円、子どもさんは500円。先着16名様です。
ご興味のある方は是非お申込みください。
■申込先 黒豆コーヒーのビーンズグッディさん TEL075-366-8208
http://beans-goody.com/

be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

より以前の記事一覧