その他ご案内

2018年5月23日 (水)

be京都館長岡元テレビにでました!J:コムチャンネルにて

be京都ではギャラリー・レンタルスペースの企画運営に加え、
前職の広告代理店での経験をいかしたデザイン、
制作、企画など広告のお仕事も手掛けさせていただいております。

京都市上京区役所が発行する「上京ふれあいねっと『カミング』」もそのひとつ。

業務委託として取材やWEB更新を行っています。

先日J:コムさんで収録があり、テレビに館長岡元が出演しました。(カミング紹介担当として^^)
放送の様子はこちらのみやびじょんブログからご覧いただけます。ちょこっとだけですが…嬉しがりなので良い経験になりました。https://ameblo.jp/miyabijyon1996/entry-12377664307.html

カミングHP http://www.kamigyo.net/
□カミングレポーターさん募集中です!


20180518_142751


ムスメも同行。。毎度すみません。。

32756157_1271744109625182_453723006
が、めっちゃ可愛がっていただき、3、2、1のキューを出させてもらったりカメラを動かさせもらったり、生現場を満喫させていただきました(>_>)♡

32837478_1271744089625184_852134461 ありがとうございました!
32916759_1271744102958516_405447271

キンチョーしたけど楽しかった!プロはすごい!


| コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

Robertさんのフォレストプロジェクト、京都新聞さんに紹介されました!

Robertさんのフォレストプロジェクト、京都新聞さんに紹介されました!
「森の中に絵、4年後どう変わる 京都の米国人画家が着手」

Fourest_front

31518165_1931301336882286_458835372 森の中に置いた絵が4年後にはどのようなアート作品になるのだろう。京都市西京区に住むアメリカ人の画家ロバート・ワァラスさん(49)がこのほど、同市と京都府亀岡市、南丹市の4カ所の森に自らの作品を1点ずつ設置した。4年後に回収し、個展を開く。

 日本の自然に魅了されたワァラスさんは「作品を自然と融合させると、新たなアートが生まれるのでは」と構想。自然は、春夏秋冬の四季、火・風・水・土の4元素、東西南北に分かれるという概念から、作品名を「4」に森を重ねた「(four)est」として展開することにした。

 絵は抽象画で、縦45センチ、横52・5センチの木板にアクリルなどで描いた。設置場所も南丹市美山町、右京区京北、亀岡市大井町、左京区久多と東西南北に分け、作品は固定せずに置くだけにした。ワァラスさんは「風雨にさらされてコケが生え、草が絡まることで、美しい作品になるのでは」と期待する。

 2022年4月4日に回収し、上京区のギャラリー「be―kyoto」で展示する。(京都新聞朝刊2018.4.7より)

31697426_1931295356882884_904377259

31696283_1931295543549532_278521802

31564133_1931295260216227_377770436

31543734_1931301583548928_726987178

■ご協力いただいる場所
美山
亀岡
久多(久多の里 倖馬会http://koubakai.com/ ※見学可)
京北(京北くろだ里の駅プロジェクトhttp://kuroda-satonoeki.jp/ ※見学可)
※以下は京北くろだ里の駅プロジェクト川口さんからのご紹介コメントです。
【里の駅の裏山にて、ロバート・ウォレス氏の作品展示が始まりました】

京北くろだ里の駅プロジェクト川口です。

今年の4月4日から、4年後の4月4日まで。四季、四元素、四方をイメージした4枚の作品を、京都の4箇所の山林に放置して、自然とコラボするというプロジェクトがスタートしました。

このプロジェクトの展示場所のひとつに、里の駅の裏山を選んでいただき、4/4に設置が行われました。

移住してから一度も足を踏み入れていなかった裏山に、私もロバートさん達と入ってみました。

ロバートさんの作品が設置されたのは、谷水が流れてくる砂防ダムを2つほど越えたあたりのところ。
突き出した岩が庇となり、天然の祠のようになっている場所に、なにやら人工的な形の石がありました。鎌倉時代に使われていた文字らしきものも彫られていて、もしかしたらお墓だったのかも?とのこと。
平安時代から続く黒田の歴史を直に感じることができ、とんでもない宝物を発見した気持ちになりました。

この不思議な祠にロバートさんの絵が飾られました。人が通らない場所だから、人に見られるために飾られたのではありませんね。自然と融合するために、置かれました。

これから4年間、風雨にさらされたり、虫がついたり、苔が生したり、獣に踏まれたり…と色んなことがあるでしょう。どんなふうに変化をするか、側で見守れることがとても嬉しく、楽しみでもあります。

里の駅にお越しの方に、気軽にロバートさんの作品を見に行っていただいたり、裏山の散策をしていただけるように、山林の手入れワークショップも開催予定です。これからの裏山の変化もお楽しみに!

(four)estプロジェクトについて、ロバートさんからのメッセージもお読みください。

http://www.rscottwallace.com/information/communique.html より引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は大自然と人間界との間で唐突的に生まれうるアートコラボレーションに感銘を受け続けて来ました。コンクリートの壁、雨によって色をつけられて行くトタン板、風や日光そして歳月。自然はアーティストが絵を描く為に必要とする絵の具やブラシなどを使わずして、ありふれた物を信じられないほど美しい姿に変えてしまう力があります。
きっとどこか侘び寂びの意に通ずるように、無の中に見いだされる清澄・閑寂、またそこから生まれるデザインや意図がピュアな形状であればあるほど私の興味が惹かれて行くように思います。

10年、時には100年もの時間を掛けて生み出される大自然の芸術品、またはその過程に大変な憧れを抱いてきました。また、そのように絵を描きたいと長年思い続けてきました。もちろん、それは到底無理な願いなのですが。。。しかし、25年以上ものあいだ絵を描いて来た今、遂に今回のプロジェクトで自然界と直接にコラボレーションをする事を決めました。私がこのプロジェクトのために描いた4つの作品をそのまま自然界へ解き放ち、その後は自然界が私の作品を最終点へ導くというバトンタッチ形式のコラボレーションです。これが今回のプロジェクト (four)est。

私がこのプロジェクトの為に既に用意した4つの作品には、四季(春夏秋冬)、四方(東西南北)、四元素(火、空気、水、土)が含まれています。これらの4つの作品を京都府下に属する4箇所(久多、京北、亀岡、美山)の山林の中に4年間放置します。各シーズン毎にその変化を記録し、2022年の春にはその4つの作品を持ち帰り、作品の展示に加え4年間で起こった変化や過程の工程なども含めたエキシビションを開催したいと思っています。

どれだけ優れた才能のアーティストが素晴らしい作品を作ったとしても、人工の美は自然の美に劣る、と言う確信がこのプロジェクトの動機になっています。自然の中に見られる真の美しさは我々の身近な所にもたくさんあります。玄関のドアを開ければきっとそこに自然の美を見ることができるでしょう。

Robert Wallace
January 2018 (Kyoto)

| コメント (0)

2018年3月31日 (土)

be京都エデュケーションプロジェクト「デジタルアーカイブで区民参加のまちづくり」

Img_8435

Img_8439
日々変わっていく街並みや記憶。
今残したい、残さなければ!の思いから今年度はデジタルアーカイブに取り組んできました。

Img_8447
Img_8445
たくさんの方にご協力いただき、上京区を中心に昭和50年以前の写真を集めました。
展示会場ではなつかし話に花が咲きます。

Img_8440

Img_8453
今現在108枚の写真が公開されています。(今後も更新予定)
スライド上映はさらに人気コーナー。
29542739_1893310504014703_743771038
餅より撮影会も開催。



■主催 be京都エデュケーションプロジェクト「デジタルアーカイブで区民参加のまちづくり」
■採択 平成29年度上京区民まちづくり支援事業

Img_8448
Img_8450 検閲されていたのですねー。戦時中。
Photo
みなさんお疲れ様でした!
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
Img_8446

| コメント (0)

2018年1月16日 (火)

きものでテーブルコーディネートを学ぼう♪in 京都府庁

Photo

京都府庁でこんなことしまーす!
私もきもので参加します。娘も一緒です。
ご一緒にいかがでしょうか?

| コメント (0)

2017年9月27日 (水)

「about_traffic_regulationfor_room_402403508.pdf」をダウンロード

| コメント (0)

2017年8月13日 (日)

be京都町家シェアアトリエ「HA・NA・RE」近日募集開始予定!

be京都の離れが新しくうまれかわります!
シェアアトリエとしてご活用いただけるよう準備を進めております。

2017年9月予定。

◎◎◎
be
京都は築200年の京町家を改装したアートギャラリー&レンタルスペースです。

この度、アーティストの皆様のよりよい制作環境をつくることができればと思い、be京都の「はなれ」をシェアアトリエとしてOPENさせる運びとなりました。

アカデミックな環境、町中の好立地、格安でコストパフォーマンスの高い条件となっております。是非お気軽にお問い合わせください。

 

・定員 5

・スペース 約40平米(8畳2間相当+縁側)

 

■こんな方にオススメ

・京都にアトリエがほしかった!

・家だとスペースがない!

・汚れると家族からの声がある・・・

・小さな子供がいて細かい作業ができない

などなど。

管理人はbe京都です。

設備 
 空調あり。備品貸出あり。調理器具あり。台所、トイレ、専用たな、音楽。フローリング。

・条件 職業のある方に限る(学生可)

 

場所〒602-0064 京都市上京区新町通上立売上ル安楽小路町429-1

        上立売・新町1本西入上る

連絡先 be京都 TEL 075-417-1315 mail info★be-kyoto.jp

URL http://www.be-kyoto.jp

を予定。
お庭を見ながら、静かな落ち着いた空間で制作できます。
個室ではなく大学の共同作業スペースのようなイメージです。
ご興味のある方、内覧受付も始めようと思っておりますのでお気軽にご相談ください。
be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

2017年7月20日 (木)

be京都の井戸復活!井戸水のある暮らし

Img_5462

あれから数日たちました。

井戸、復活しました!!!

P1100205 大安吉日!雨が降る中、蒸し暑い中、始まりました。
Dscf0410
P1100212 打合せするメンバーと井戸に入るメンバー。
P1100206 原始的に「ろうそく」で酸素があるかチェック!
P1100208
お庭の苔を守るため、ミツマタを建てずまずは中に。
P1100211
P1100230「どんな感じですか~」
上京区から京都市のまちづくりアドバイザー松井さんも見学にきてくださいました。
上京は滋野井さんの井桁がみつかったことや、空前の井戸ブーム!(!?)
P1100234
P1100252
とても重い装置を軸に職人さんがおりていきます。
P1100253 たまっていた水を排水します。
P1100255
さわったよ~つめたいっ!
井戸水の記念日なので保育園を休ませました・・・。
P1100258 深さはやはり7メートルほど。
P1100261 いよいよ職人さんが入ります。
P1100264
P1100270
雨なのでくれぐれもすべらないように・・・
P1100276
人を支えるのですからとにかく重いのです。結局みつまたをたてて作業することに。
椿が守ってくれます。
P1100280 中をチェックするとやはり崩れ落ちてきている箇所があるとのこと。
養生するために丸い筒状のものを投入!
Dscf0417
Dscf0418
Dscf0427_2
P1100283
どんどん下へ…。
P1100291 周りを砂利で固めます。
P1100293 バランスが難しい!
P1100303 大変どす~。ちょっと一服。
P1100305 周りは応援するしかありません><
P1100306
なんだかキレイ!
バラスで埋めています。
P1100292
P1100300 井戸水をくみ上げた際に出す位置に穴をあけます。
大変な作業です。新設ポンプ据え付け中。
Dscf0457
Dscf0462
Dscf0465
Dscf0469
配管はこんな感じ。
ちょっと味気ないですが蹲用用と散水用に二口にしました。
20140085_1092212430911685_806691747早速水遊び~
19642682_1092212434245018_371205255
本当に冷たいんですね!
1分間に約140リットルの水が。こんこんと涌くとはこういうことか、と思うほど水があります。
さすが京都。しかも今出川。
今は水がきれいな状態ですが、半年後くらいに水質を検査し、飲料にできるかも調査したいと考えています。
be京都はアーティストや文化芸術の方が訪れる場。
早速、七夕の梶の葉流しで井戸水を使うことに。
井戸水でいけるとお花が長持ちするんです!
P1100324
P1100326
P1100327
色んな夢が広がります。
京都タワーの展望室で似顔絵を描かれている(be京都でも個展をしてくださった)吉川先生も井戸水をペットボトルにつめてその水で絵を描いてくださるのです!
9月の3週目に発表予定!
スイカひやしたい~とかロック氷できたらいいね~とか。
とにかく井戸への期待が。
災害に備えても使えるように、今はポンプなのでやはり電気がとまると使えないのですが
くめば使えるのです。
そんな可能性を秘めた井戸。
近所のゆば長さんのゆばも井戸水。
めっちゃおいしくてかなりの頻度で通っています^^
8月には上京区の水を知るため、水といえばこの方!という素敵なゲストに御協力いただき、まちあるきを企画しました。
カミングの取材が中心ですがご興味のある方、一緒にまわりましょう。
be京都 http:www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

上京区で講師させていただきます!

区民新聞にでかでかと笑う私の姿が!
上京区のまちづくり活動パワーアップ講座の講師をまちア

ド松井さんとさせていただきます!
7月28日(金)18:30から上京区役所で開催されま

す。
まだ空きがあるみたいなのでぜひお越しくださいます!お

子様の同伴も可です。
しかも無料。
充実した内容にしたいと思っています。
お申し込みは区役所まで。
075-441-5029


20155881_1095107370622191_311879612

| コメント (0)

2017年5月22日 (月)

タイルを表現した作品がユニーク!次回be京都展示は5/27~6/1

Photo次回展示は、5/27(土)~6/1(木)「こだんみほ個展 懐古小路」。

ポストカードコレクション受賞作家による初個展です。
いつかは消えゆくものや風景を描き留めているというこだんさん。京都に息づくモザイクタイルの作品に注目です。タイルひとつひとつにコーティングをほどこし、立体感を出されています。
作品はこちらをご参照ください→https://www.kaikokouji.com/blank

★ポスコレ&涼小物展 アーティスト募集中!(締切まじか)http://posukore.com/

be京都 http://www.be-kyoto.jp

Img_5462

井戸の蓋を久しぶりにあけました!

生きていましたよ~><!

Img_5467

せっかくの井戸を活用したいと思い、ようやく今日検査してもらいました。
水深はおそらく7メートル強。Img_5468

せっかくの井戸を活用したいと思い、ようやく今日検査してもらいました。

今出川の水はやはり良いらしい。お茶の町、御所近く。さすがです。
当然、掃除やお清めや、諸々必要ですが色々可能性が広がります!進捗が解り次第色々情報発信していきますね!

be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

2017年5月20日 (土)

近況報告 京都ちーびず 5月号発行!

P1090864_25月8日から京都市ではこれまでの福祉事務所と保健センターが統合再編され新たに「保健福祉センター」が設置されました。
それに伴い上京子ども支援センターは
「上京区役所 保健福祉センター 子どもはぐくみ室」となりました。というわけで行ってきました^^
来月の「GoGo土曜塾」にちらっと登場するかもです^^

P1090922_2
暖簾を夏仕様にしました。
P1090921_2
P1090923_2
be京都岡元が京都府のちーびず(地域力ビジネス)推進員をつとめる、普段使いの京都ちーびずカタログ5月号が発行されました。
テーマは「お茶の京都」。
なんと、超かんたんレシピということで、決して得意ではない(でも好き)、レシピを紹介させていただいております。ダメだししてやろう、という方、be京都にてサイン入りで手渡しさせていただきますよ~♪(笑)
本来の目的は、ちーびず製品の調味料の使い方がわかりにくいよねーの声から生まれた活用方法。ご参照いただければ嬉しいです。
ちーびず推進員活動ブログ https://goo.gl/VOxGwP
be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

より以前の記事一覧