« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月27日 (日)

第20回ポストカードコレクション×第11回世界にたったひとつの灯り展 be京都開催中!

ただいま、第20回ポストカードコレクション×第11回世界にたったひとつの灯り展2016Winter 開催中!
会期 2016年11月26日(土)~12月4日(日)10時~18時・灯り展12月1日まで。金曜休館・最終日16時まで。
会場 be京都 http://www.be-kyoto.jp

初日は20回を記念したスケブ交流会&アーティスト懇親会を開催させていただきました!とても楽しい時間◎アートトレーディング(オリジナルカードの交換会)を初企画♪盛り上がりました!
ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました♪

http://posukore.com/

P1080490

P1080512

P1080529

P1080526

P1080508

P1080510

P1080500

P1080525

P1080502

P1080523

P1080522

P1080521

P1080513

P1080504

P1080485

P1080486

P1080494

\スケブ交流会 ご報告/
20回を記念して企画された「スケブ(=スケッチブック)交流会」。
その場でアーティストがお持ちのスケッチブックに絵を描いてくれるというなんとも贅沢な企画です。相変わらず一番楽しんでいる岡元ですが、スケブが宝物になりました♪
akemiさんは吉野杉のお箸をつかって、その場で墨をすって描いてくれました!
瑞季さんは色鉛筆を中心に。
イカワモエさんはマーカーやコピック、色鉛筆などで。
市江まあささんはインクペンで。
小夜さんはうそつくシリーズで!

想像をはるかにはるかにうわまわる完成度で、本当にすごかったです。そして、アーティストの皆様の表情がみんな笑顔!「楽しかった!」というピュアすぎる心が最高にすてきでした。ありがとうございました◎
今日も「来たかった~」というお声がをたくさんいただいております。会期中、岡元のスケブを会場においておりますので是非ご覧ください♪

Img_4634

Img_4633

Img_4638

Img_4635

P1080517

P1080518

P1080529_2

Img_4622

Img_4628

Img_4623

Img_4627

Img_4620

| コメント (0)

2016年11月22日 (火)

be京都第20回ポストカードコレクション×第11回世界にたった一つの灯り展 2016

\95名のアーティストに参加いただけることになりました!/
第20回ポストカードコレクション×第11回世界にたった一つの灯り展の参加アーティストが確定いたしました。おかげさまで94名様。本当に嬉しいです。ありがとうございます。
開催は11/26(土)~12月4日(日)(灯り展は12月1日まで)

参加アーティスト

≪第20be京都ポストカードコレクション≫

O-eLi / 荒木香澄 / Kikuko / 夏海りょう / 長月 / SU-SAN / 藤丸 / NAN / イカワモエ /99michiko66 / J / 鍬田 みどり / 中谷隆志 /  LittleBrown / まりも / 梨里(りさと)/めそつま / 宮崎栄治 / 片野ふくこ / とよたあきこ / 植村ゆかり / 夢創房 雄竹 /夢創房 白玉子 / 中村孝子 / 上田愛美 / 中澤牧子 / 増田尚弘 / akemi / 赤木希世美 / 砂山千紘 /もりなが なおみ / 虹帆 / 雉鳥五郎 / なかむらてつや /よしだゆうこ /エントユウコ / oyu / ナス子 / ミカ / やまもとゆかり / だいたい:うらら / だいたい:うらら / 石立ゆきな /お杉 / 市江まあさ /中尾伸太郎 / 上田耕太郎/ っくす / トヨダイズミ / 木子智美 /フランチスカ ローザ / コトコトことば /金 連 / まきみち / 荒戸 里也子 / たらこ / waka  /吐月(トゲツ)/ 吉田実加 / 上原千紘 / Sum /たけばしんじ/ 大塚友稀 / 大塚里佳 / nisugi / さわやか堂・と / さのりーこ/ 成合彩 / たそ / 村上 美奈子 / たどころまき / 西川佳代子 / mai / みつたけたみこ /happysmile.bear/ chaki / 内藤紫帆 / きのとしおみ / gaku /  異春 /オーヤギ カヲリ / みやけゆま 

■ポストカードコレクション委員
瑞季 / 小林徹也 / 木戸和子/ 口石みやこ / 小夜 / sora /
田村 美紀

 
 

≪第11回世界にたったひとつの灯り展≫

 

杉江真奈美 / 上田耕太郎 / 吉田実加 /

 

■ポストカードコレクション委員
 
古へ工房 伏木輝子 / 創作灯り工房  江村敏治

 

 

 

(のべ95名参加・順不同・敬称略)

 

初日のスケブ交流も期待大◎近日中にWEB更新いたしますので、ご期待ください!
スケブアーティストをご紹介させていただきます。
・・・・

Photo
口石みやこ

お家でのんびりするのとネコが大好き。
生活の中で見つけた発見から
ネコの“ちーちゃん”を主人公に子ども達が楽しくなる絵本を作っています。

Mizuki
瑞季

楽しくお絵描き、お話できたら嬉しいです。
気軽にお声がけください〜。

Photo_2
小夜

「うそつく」をテーマとした写真や雑誌の切り抜きを使ったフォトコラージュ作品を制作しています。

Photo_3
イカワモエ

鉛筆・色鉛筆・コピックペンを使って、猫や犬、少女のイラストを描きます。11時〜在廊予定です。お待ちしております!

Akemi2
akemi

地元名産 吉野杉箸を削った「箸ペン」で、犬 猫などのイラストを、ゆる~く描いています。当日は、あなたのペット、あなたご自身、ご家族、などなど…ご希望をお聞きして描きます。
11/26(土) 10時~12時 おります。どうぞ、お気軽にお声かけくださいませ。

Photo_4
市江まあさ

===
暮らしの風景や花・植物などを
ゆるいイラストで描きます。
当日はインク一色でお描きします^^
インスタグラムやスマホのアルバムなどお見せいただけましたら
ピックアップしたものをお描きします!
10:00頃~12:00の間お待ちしています。
===
http://posukore.com/
http://www.be-kyoto.jp/

| コメント (0)

2016年11月20日 (日)

第20回be京都ポストカードコレクション×第11回世界にたったひとつの灯り展 参加アーティスト決定

2016

おかげさまで94名のアーティスト参加が決定いたしました!
ありがとうございます。
11月26日(土)はスケブ交流会も開催。
詳細WEBはこれから更新しますので皆様是非ご予定くださいね♪
取り急ぎ感謝のご報告です。
be京都 http://www.be-kyoto.jp

| コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

京都ちーびず 生産者×アーティスト トークイベント開催 「黒谷和紙と綾部をしろう!」

11月3日(木・祝)、黒谷和紙を巡るちーびずリレーマルシェをギャラリーbe京都で開催致しました。

当初、単純に黒谷和紙さんのお話&販売会をと思っていました。
ですが、ちーびずと黒谷和紙のことを、もっと効果的に伝えることができる方法はないかと考え、
生産者側と和紙を表現活動に取り入れるアーティストが魅力を語りあう、パネルディスカッション風にすることにしました。

アーティスト代表は女性書道家の高岡亜衣先生。
実際に上賀茂神社でのアートプロジェクトで黒谷和紙に灯り作品や題字もかかれていたことを存じ上げており、
私が信頼のおけるアーティストの一人だったからです。

司会としてうまく引き出せるか緊張しつつも、結果として成功かつ新たなちーびずのステップを踏み出せたのではと小さな達成感があります。

トークイベント形式のリレーマルシェ

p1080366
(写真向かって右から 黒谷和紙協同組合理事長 林伸次様、岡田大希様、書道家高岡亜衣先生、ちーびず推進員岡元)

トークの構成は、

・ちーびずとは

・和紙ができるまで
 p1080372(映像を見ながら解説→現地の雰囲気や人のつながりを感じてよかった!)

・強さの秘訣
 p1080378(みんなで強度テスト→実際に試せてわかりやすかった!)

・手漉きにこだわる訳
 p1080381(手漉きでなければここにいないという林さんと岡田さんの思いに感動)

・実際使ってみて-アーティストの目線
 p1080420(使用感、海外からの視点→生の声がきけてよかった!)

・新しい挑戦-写真プリント紙としての開発
 p1080362(写真テスト確認・説明→興味津々!みんな共に開発に携わっている喜びで会場がひとつに)

・地域協力・綾部の魅力
 img_0819(黒谷和紙とともに育つ子供たち。岡田さんが生まれ育った綾部を語り参加者も応援したい気持ちになる)

・まとめ
 (正直、価格はやや高いが地域の協力とともにブランド力の高め黒谷和紙をみんなで応援しよう!)

・ちーたび紹介
 %e5%92%8c%e7%b4%99%e3%82%92%e6%89%8b%e6%bc%89%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86(ちょうど12月ちーたびがある!綾部にいってみたくなる)

 参加者の意見も取り入れながらと…いった感じで進めました。
以下ポイントを紹介していきます。

皮は紙に、木はインク。葉はお茶に。

p1080399

一見黒谷和紙で作ったカレンダー。ですが、実は地域で育てた楮の皮は和紙に、木の部分はインクに利用したカレンダーなのです。

p1080417

楮の葉は枯れてしまうため、パウチ加工して展示しました。
この葉はお茶に加工しているそうです。

楮を育てることで仕事を生み、雇用を生み出し、地域力が高まります。
私がずっと感じていたちーびずの壮大さ。
すでにスタートしていたのかもしれませんが、私の中で今回のリレーマルシェを通じて、黒谷和紙さんとのちーびず第一歩を踏み出せた気がします。

実験「強い紙を試す」

p1080378黒谷和紙と普通の用紙(カレンダー)をお配りし、実験。

p1080379ひっぱってみたり、破いてみたり。

p1080380左が黒谷和紙。右がカレンダー用紙。

切れ目がもそもそしているのは手漉き和紙の特徴で、コウゾの長い繊維です。
実際に手にとり実験してみると、よく分かります。

「コウゾはどれくらい大きくなるの?」と参加者から質問が。
今年は少し不作だったそうですが、大きくなると3メートルくらいの背の高さになるそうです。
アジサイのように株の枝を切って、そこからまた新しく伸びてくるそうです。

Photo Paperを開発する

p1080391

和紙に写真をプリントする…。簡単そうで実はすごく調節が必要です。
和紙は表面が繊維でケパケパしているので、給紙がうまく行きにくくプリンターにとってはやや辛いのが実情。

既存の黒谷和紙でプリントした後、開発を進めました。
黒谷和紙協同組合楮の配分を変えながら、生成りっぽいナチュラルカラーと白の2種類。

さらに写真愛好家が使いやすく、手漉き和紙の漉ける範囲での大きさ展開を3種。
何度も何度も椿の葉で表面をこするそうです。

p1080397

カメラ指導やカメラマン育成の他、企業様の販売促進などを手掛けるbe京都オーナー内山から紹介しました。
写真作品にとってふさわしい和紙の仮説を立てながら話を進め、「通常の写真プリントではしないくらいの粒子の粗さがかえって味になる」といった点や、
エンボス加工をする面白さなど和紙ならではの特色を解説しました。

p1080358

ギャラリースペースでは写真作品展が同時開催されており、和紙に行ったプリントは実際にこの日に展示されている作品から選びました。
見比べてみるとそれぞれの良さがよくわかります。
p1080420

書道家の高岡亜衣先生も京丹後宮津のお生まれ。
ふるさと丹後への愛が強く、丹後ちりめんに書道パフォーマンスを行うなど、メディアでも注目を集めている作家さんです。
トークイベント終了後、オール京都産で作品をつくりたいと思っており、すごく新しい作品が書きたくなった、わくわくした、と嬉しいお言葉を頂戴しました。

販売マルシェでは、
p1080384 熱心に紙サンプルをみてご検討いただいたり、

p1080408 実際に手に取って確かめたり。

p1080412 綾部から来てくれた司工業さんが

p1080424 その場でネームタグに名入れしてくれたり!

楽しくていっぱい作りました~◎
p1080365上林地鶏そぼろ丼は美味でした♪
京綾部ホテルさん、ありがとうございました。

p1080421完成した純米綾小町黒谷和紙ラベル付!
地元綾部の酒蔵、若宮酒造さんとのコラボ商品です。

p1080418床の間はランプ・クッション・紙布(しふ)でしつらえ。

p1080415人がつながって、後日、和紙に箔をひいてみることに!

p1080373 若手女性職人がつくるかわいい黒谷和紙商品も。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

というわけで、私も黒谷和紙になりました(笑)。
p1080425 img_9103
普段の私の仕事風景を、以前主人が黒谷和紙に描いてくれたものです。見た目も気持ちも優しくなりますね。

新たな一歩

毎日新聞さん、FMいかるさんが取材に来てくださり、適度な緊張感とほど良いテンポで進めることができました。
春に開催された、応援カフェ「布の文化」をきっかけに、これまで「食」が中心だったちーびずに新たなステップが踏めたのではないかと自負しております。

黒谷和紙は伝統工芸を担う職人さんの平均年齢としてはとても珍しくなんと40代だとか。
若手育成に力を入れて来られた先代がおられるから。
だからこそ、可能性はまだまだあると思います。

12月にはちーたび「レトロな旧校舎で和紙を手漉きしよう!」が開催されます。
是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

%e5%92%8c%e7%b4%99%e3%82%92%e6%89%8b%e6%bc%89%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86

| コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »